マレーシア移住 失敗

マレーシア移住で失敗する理由

移住が失敗だったと語る人の共通点

海外移住先として人気を誇るマレーシアだが、その一方で現地の生活になじめず、移ってきたのは失敗だったと語る人もいる。こうしたことが起こる理由を見てみよう。

私自身もマレーシアに移住してきたわけだが、個人的にはやってきて失敗だったとは思っていない。しかし、日本なら考えられないストレスが存在するのも事実。

たとえば、人の動きが遅い。混んでいない店でも、店員が動かないから列ができる。東南アジア全般に見られる現象だが、日本のサービスに慣れていると、どうしてもイライラする。

あるいは、外国人をターゲットにしたビジネスでカモにされる。要は詐欺に近い料金を取られたりすること。これは幅広く、不動産の仲介業者からタクシーまで、様々な場面で遭遇する。

こうしたストレスを感じていると、マレーシア移住が失敗だったと感じることもあるだろう。私もタクシーの運転手にはうんざりしているし、インターネットのデポジット(保証金)が解約して1年近くたっても戻って来なかったり、といったことは経験している。

トータルで見てみると・・・

結局、個々の局面においては日本よりもストレスが場面はある。ただ、逆にマレーシアだからこそ、のびのび暮らせるという側面も。気候は温暖だし、物価は安い。多少サービスの質が低くても、費用対効果で言えばよかったりする。

移住が失敗と見るかどうかは本人次第だが、最初から過剰な期待をしないでやってきたのなら、マレーシアはそれなりに期待に答えてくれる国だと感じている。あくまで、それなりだが・・・

大都会ならクアラルンプール、ビーチリゾートならペナンと言ったように、同じ国でも様々な場所があるので、この部分の選び方を失敗しなければ、それなりに楽しく暮らせるのではないかと。

個人的には、住みづらければ他の国に引っ越せばいいと思っていたので、下見もなしにマレーシアに移住してしまった。永住ではなく移動の自由があるという前提なら、失敗と感じれば次の国に移ればいいし、気楽に過ごすことができる。永住とか10年住むとか意気込んでしまうと、プレッシャーでダメになる人もいるのだろう。この点は気をつけたいところだ。

名字
メールアドレス

マレーシア移住で失敗する理由関連ページ

マレーシア移住に関する仕事の壁
マレーシア移住にあたって、仕事・収入源の確保は重要なポイントとなる。20代で海外で暮らすようにな った私や、友人たちの例も含めて、この問題の解決策を提示する。
マレーシア移住にあたって医療・病院が心配だったが・・・
医療は移住するにあたっての心配の1つだった。実際にマレーシアで病院に行ってみて、どうだったのかをレポートしてみた。日本を出る前に予防や治療のために行なっておくべきことについてもまとめた。
マレーシア移住をしたら子供の教育をどうする?
マレーシアは世界各国から大学やインターナショナルスクールを誘致し、教育水準は高くなっている。それを目的に、子供を連れて移住してくる人もいるほど。英語や中国語を学べる環境も整っている。

ホーム サイトマップ
マレーシア移住レポート 移住までの道のり 移住もただの通過点 下見なしで移住第2弾