マレーシア 物価

マレーシアの物価を移住者が語る

「安い物価」の実際

東南アジアの国の魅力の1つ、物価の安さはマレーシアにおいても例外ではない。老後にロングステイを考えている人でも、「年金で十分に生活できる」ことを理由に挙げることは多い。

私もマレーシアに移住し、マレーシアの物価の安さは実感している。ただし、物によって大きな差があり、日本と変わらないものも少なくない。

そのため、何が安くて、何が安くないのかを知っておくと、移住の際、あるいは旅行の際に賢くお金を使うことができる。

マレーシアで安いもの

生活の面で見ると、家賃の安さが一番大きなポイントだろう。たとえば、ジョホールバルという街だと、3万円代、4万円代でもプール付きのコンドミニアムでバスルーム2つの3LDKがゴロゴロある。

もちろん、クアラルンプールの中心地のような立地であれば、このような金額で、同程度のコンドミニアムを探すのは難しいだろう。ただ、それを差し引いても、日本より家賃が安い。

生活費の中でも、家賃が占める割合は低くないのが一般的だが、マレーシアではこのレベルの金額で済んでしまう。

旅行者の場合、ホテル代の安さも魅力だろう。クアラルンプールは、世界的に見てもホテル代が安く、1万円以下で5つ星ホテルに泊まれることも。

その他の物価では、ローカルレストランで食事をすれば100円から300円程度が相場。特にインド料理は安く、焼きたてのナンとカレーで100円程度のことも多い。

日本より人件費が安いため、タクシーの初乗りが90円程度、美容院でカットとシャンプー、マッサージをしてもらって1000円程度と、こちらも安い。

物価が高いものも

マレーシアの物価を見ていると、お菓子はあまり安くない。キットカット等は日本とほぼ同じ物価水準だし、チョコレート等も安くはない。

また、日本人の目から見てクレープらしいクレープも、日本と同程度の物価水準。というのも、マレーシアでクレープを買うと、100円程度なのだが、クレープの外側がパリパリで別の食べ物になっている。あの柔らかい皮はごく一部の店でしか食べられず、ちょっとした高級店の部類に入る。

そして、このちょっと気の利いたものというのは、日本と変わらない価格設定がされている。たとえば、ある程度の水準のケーキ等も同じ。マレーシアの物価水準に比べると高いが、そもそも需要が少ないので、仕方ないのだろう。お金を持っている人は持っているので、それでも実際に売れている現実もある。


インターネット代については、日本よりも割高。1メガのADSLで月に3500円から4000円ほど。遅い上に高い。これはインフラの問題になってくる。


税金の関係で物価が高くなっているものとして、アルコールがある。ビールなら日本と同水準の価格。マレーシアの場合、アルコール度数が高くなると税金が上がるので、ビールよりワイン、ワインよりウイスキーと税金は上がる。

車にいたっては、国産車のプラトンというメーカー保護のため、日本車を含めたマレーシア以外の国の車を買う場合、日本で買うよりも割高になる。倍近くすることもある。



このように、マレーシアの物価は必ずしも安いものばかりではない。とは言え、一人暮らしをして、ローカルレストランに行かずに毎日外食で済ませても、月に15万円もかからない。

生活環境として、お金がかからないということは、移住してきて実感している。

名字
メールアドレス

マレーシアの物価を移住者が語る関連ページ

マレーシアの通貨、リンギット
マレーシアの通貨はリンギットが使われている。その使い勝手や物価との関係について、移住して生活した実感を含めてまとめた。
マレーシアの天気予報は当てにならない
マレーシアの天気は一日の中で変化が大きいため、予報を見てもあまり役に立たない。そこで、典型的なスコールの降りだすタイミングや、対処法についてまとめた。
マレーシアは時差が少ないので移住者には助かる
マレーシアと日本の時差は年間を通して1時間。この小さな時差と、サマータイムのような不安定な要素がないことが、移住者にとっては助かる要素になっている。
マレーシアでチップを要求される場面
マレーシアにおいては、基本的にチップを渡す文化はない。そうした人を見かけることもないが、ある場面においては例外がある。
マレーシアのお土産は決定打に欠ける
マレーシアには特徴的なお土産があるわけではない。ただ、その中でもクアラルンプールのペトロナスツインタワー関連のグッズは比較的人気となっている。
マレーシアの休日は多い上に・・・
マレーシアは休日(祝祭日)が多い。その理由と、生活していると気になるもう1つの特徴についてまとめた。
マレーシアの言語は3種類
マレーシアではマレー語、英語・中国語の3つの言語が使われている。それぞれが、どの程度普及しているか、その実態に2年に渡るロングステイの経験から迫ってみた。
マレーシアの料理は日本人の口に合うか
移住してから、マレーシア料理を食べ続けたところ、途中で問題が起きた。日本人にとっては親しみやすい味であるものの、落とし穴もあることが判明した。

ホーム サイトマップ
マレーシア移住レポート 移住までの道のり 移住もただの通過点 下見なしで移住第2弾