マレーシア 言語

マレーシアの言語は3種類

3つの言葉が入り混じる国

マレーシアにおける公用語はマレー語だが、英語と中国語も広く使われている。そのため、3つの言葉が混合している国と言える。

これは話すとき以外にも分かることで、店の看板を見ていても、表記がマレー語だけだったり、英語だけだったり、中国語だけだったり、2つ以上であったりする。

ローカルレストランに行くと、メニューの表記が中国語だけだったり、マレー語だけのこともある。ある程度の店であれば、英語表記も付いてくる。

つまり、ターゲットによって使う言語を変えている。多民族国家であるマレーシアの実情を反映している点だろう。

マレーシアの第二言語は英語というが、実際には中国語を話せる人の方が多いようだ。というのも、中華系の人口が多いため、彼らは母国語レベルで話せるし、勉強している人も多い。

英語については、日本と同様に学校で勉強してはいるものの、特別流暢な人ばかりではなく、街中では通じないこともある。ただ、日本人より使い慣れている印象は受ける。

マレー語はともかく、国際社会で活躍するために英語と中国語を覚えたい、あるいは子供に覚えさせたいという理由でマレーシアの教育を求める人もいるが、たしかにそのための環境としては整っているのだろう。


ちなみに、私はマレー語・中国語はまったく分からないし、英語も片言だが平気で暮らせている。日常の場面においては、あまり言語の壁を意識することはないので、移住しても困ることはあまりない。


PS.
このたび、韓国やスペインのアンダルシア地方に移住した人にも起稿してもらえることになった。海外生活に興味があれば、こちらもぜひ。

名字
メールアドレス

マレーシアの言語は3種類関連ページ

マレーシアの通貨、リンギット
マレーシアの通貨はリンギットが使われている。その使い勝手や物価との関係について、移住して生活した実感を含めてまとめた。
マレーシアの天気予報は当てにならない
マレーシアの天気は一日の中で変化が大きいため、予報を見てもあまり役に立たない。そこで、典型的なスコールの降りだすタイミングや、対処法についてまとめた。
マレーシアの物価を移住者が語る
マレーシアの物価は日本に比べて安い傾向にはあるものの、一部のものは日本と同水準、あるいはそれ以上になっている。移住して感じた物の価格についてまとめた。
マレーシアは時差が少ないので移住者には助かる
マレーシアと日本の時差は年間を通して1時間。この小さな時差と、サマータイムのような不安定な要素がないことが、移住者にとっては助かる要素になっている。
マレーシアでチップを要求される場面
マレーシアにおいては、基本的にチップを渡す文化はない。そうした人を見かけることもないが、ある場面においては例外がある。
マレーシアのお土産は決定打に欠ける
マレーシアには特徴的なお土産があるわけではない。ただ、その中でもクアラルンプールのペトロナスツインタワー関連のグッズは比較的人気となっている。
マレーシアの休日は多い上に・・・
マレーシアは休日(祝祭日)が多い。その理由と、生活していると気になるもう1つの特徴についてまとめた。
マレーシアの料理は日本人の口に合うか
移住してから、マレーシア料理を食べ続けたところ、途中で問題が起きた。日本人にとっては親しみやすい味であるものの、落とし穴もあることが判明した。

ホーム サイトマップ
マレーシア移住レポート 移住までの道のり 移住もただの通過点 下見なしで移住第2弾