マレーシア お土産

マレーシアのお土産は決定打に欠ける

明確なお土産がないマレーシア

マレーシアに移住して感じたのは、これといった決定的なお土産はないということ。日本帰国時に何か買って帰ろうと思っても、特に何も浮かばない。

比較的定番なのは、首都、クアラルンプールにあるペトロナスツインタワーに関連したグッズだろう。小さな模型やパズル等が売られている。

ただ、マレーシア側としては高層タワーであるペトロナスツインタワーを押したいのは分かるが、日本人から見ると、お土産としてそれをもらっても、あまり有り難くはないような・・・。そもそも、高層ビルが珍しくない国なわけなので。

ただ、マレーシアと聞いてすぐに思い浮かぶような特産物があるわけでもなく、プランテーションによるゴムの栽培などはあるが、これに関連したお土産を見かけるわけでもない。

まして、ジョホールバルに至っては独自のお土産は皆無。そもそも、観光地ではないので土産物屋を見た記憶がない。ということで、旅行の際にはお土産選びではかなりの妥協を強いられることを前提に考えたほうがいいかもしれない。

名字
メールアドレス

マレーシアのお土産は決定打に欠ける関連ページ

マレーシアの通貨、リンギット
マレーシアの通貨はリンギットが使われている。その使い勝手や物価との関係について、移住して生活した実感を含めてまとめた。
マレーシアの天気予報は当てにならない
マレーシアの天気は一日の中で変化が大きいため、予報を見てもあまり役に立たない。そこで、典型的なスコールの降りだすタイミングや、対処法についてまとめた。
マレーシアの物価を移住者が語る
マレーシアの物価は日本に比べて安い傾向にはあるものの、一部のものは日本と同水準、あるいはそれ以上になっている。移住して感じた物の価格についてまとめた。
マレーシアは時差が少ないので移住者には助かる
マレーシアと日本の時差は年間を通して1時間。この小さな時差と、サマータイムのような不安定な要素がないことが、移住者にとっては助かる要素になっている。
マレーシアでチップを要求される場面
マレーシアにおいては、基本的にチップを渡す文化はない。そうした人を見かけることもないが、ある場面においては例外がある。
マレーシアの休日は多い上に・・・
マレーシアは休日(祝祭日)が多い。その理由と、生活していると気になるもう1つの特徴についてまとめた。
マレーシアの言語は3種類
マレーシアではマレー語、英語・中国語の3つの言語が使われている。それぞれが、どの程度普及しているか、その実態に2年に渡るロングステイの経験から迫ってみた。
マレーシアの料理は日本人の口に合うか
移住してから、マレーシア料理を食べ続けたところ、途中で問題が起きた。日本人にとっては親しみやすい味であるものの、落とし穴もあることが判明した。

ホーム サイトマップ
マレーシア移住レポート 移住までの道のり 移住もただの通過点 下見なしで移住第2弾